給食提供

私たちは病院の中にある給食室で
毎日食事を作っています
「さくら」利用者がこられたら小児科外来より
写真のような食事箋が給食室に届きます
この食事箋により私たちは
利用者の食事形態・アレルギーの有無
病状・食欲の有無を把握し
さくらの保育士より、利用者の病名・状態を聞き
利用者個人にあった給食を作ります

提供している給食は
お昼・おやつを合わせて
約530キロカロリーです
給食室では利用者の症状・状態に合わせて
給食を提供しています
「さくら」利用者の病状で多いのが発熱です
発熱時には多量の汗をかくため
水分が不足になり
ビタミンB群やCの消耗が激しくなります
ビタミンB群・Cは
豚肉・豆腐・卵・かぼちゃ・にんじん
ジャガイモなどに含まれています
そのため給食室では
消化がよく食べやすく栄養の摂りやすい
おかゆ・具たくさん味噌汁・スープ・うどん
ニューメンなどを提供することが多いです
食欲は個人によって違うので
おかわりが出来るようなら
自由にたべさせています
食欲がなく給食を食べなかった時は
おやつにパンやおにぎりなどを
出すときもあります
無理に食べさすのではなく
食べられるものを提供するようにしています

このように、給食室と「さくら」で頻繁に連絡を取るようにして、利用しやすい空間作りに努めています。
こどもたちが帰るときに元気に「ありがとう」と言ってくれるために、私たちはこのようにして給食を作っています。